埼玉県戸田市新曽の内科・循環器内科・呼吸器内科・小児科 河野内科医院

戸田市新曽の内科・循環器内科・呼吸器内科・小児科 河野内科医院

〒335-0021
埼玉県戸田市新曽2492-1
TEL 048-447-7227
▲Mobile Site 
トップページ»  お知らせ

お知らせ

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナ感染症が疑われる場合(濃厚接触者やCOCOA通知者も含めて)、当院でPCR検査が可能です。
保険診療の場合、現在検査代は無料で受けられます。(診察料等は発生します)
唾液検査と鼻咽頭検査をおこなっています。
抗原検査や鼻前庭採取検査は検査精度が劣るため当院では採用を見合わせております。

唾液検査の場合は容器をお渡ししますので、自家用車や自宅で採取して電話連絡の上ご持参ください。
院外のブースで受け取ります。

鼻咽頭検査はインフルエンザ検査と同じ検査です。
テントブースにて採取します。

結果の判定には1~2日要します。
詳しくは診察時にご説明致します。


当院は「埼玉県指定診療・検査医療機関」に登録されています。
高熱者も受け入れますが、高熱者は一般の患者様と区別して診療を行いますので
必ず前もって電話連絡してください。
高熱の場合、院外のテントブースにて診療や検査(インフルエンザや新型コロナPCR検査)をおこないます。
テントは5ブース設置済みです。
診察の順番が来るまで指定されたテントブースで待機するようお願いします。
テントブースは感染予防のため1面を開けています。
誠に申し訳ありませんが冷暖房の設備はありません。
い院内にも入れませんのでトイレは済ませてからご来院下さい。


また渡航や企業として陰性証明が必要な方や無症状者は保険診療で対応出来ないため
当院で自費検査対応致します。詳しくは当院までお問い合わせください。

検査は全て完全予約制です。
PCR検査の陰性証明書は発行致しますが、検査の性能上、新型コロナウイルスの非感染証明は不可能ですのでご理解ください。

新型コロナワクチン予防接種について

  令和3年4月から新型コロナワクチン予防接種が開始されます。
  当院でも優先接種の順番に従い接種を開始します。
接種対象者には戸田市から接種券と予診票が送られてきます。
接種券をお持ちの方はこの案内に従い予約をして下さい。

  ワクチンが入荷されましたら、完全予約制で接種を開始します。
接種の時間帯は普段の予防接種と同じで診療終了の30分前までです。
予約は接種日の前日10時〜12時、14時〜16時(土曜日は17時まで)に電話でのみ受付ます。

予約専用ダイヤル  090-4910-3678  

戸田市のネット予約システムは利用出来ません。
直接来院されても受付出来ませんのでご注意下さい。
前日が休診日の場合、前々日に受付ます。
月曜日の予約は2日前の土曜日、金曜日の予約は2日前の水曜日に受付ます。
(祝日等の場合はさらにその前日)

  ワクチンの入荷数に応じて翌日の予約受入人数を決めさせて頂きます。(15分枠に2名、最大1日50名程)
ワクチンが入荷されましたら院内やこのHP に案内を提示します。
急な発熱やキャンセルに対応するため、毎日数名のキャンセル待ちも取らせて頂きます。
キャンセル待ちのまま順番が来なかった場合、翌日の予約を優先的に取らせて頂きます。
当日中に必ず電話連絡致しますので、電話に出られるようにして下さい。
無断でキャンセルされた場合、以後の予約をお断りさせて頂く場合があります。
予約が殺到して電話が繋がり難くなる事が予想されますが、予約は上記の専用ダイヤルでのみ受付ますので、医院の電話にはお掛けにならないようお願い致します。
予約が一杯になりましたら電話が繋がらなくなります(現在のスマホでは適切な留守番メッセージ対応が出来ないため電源を切らせて頂きます)
この場合、翌日以降にお掛けなおし下さい。
  お手数をおかけしますがご協力の程宜しくお願い申し上げます。
 

子宮頸がんワクチンについて

戸田市・蕨市在住の小学6年生~高校1年生相当の女性は無料で接種できます。

現在、子宮頸がんワクチンは2種類あります。
1)サーバリックス(16/18型)
2)ガーダシル(6/11/16/18型)
16/18型に対する予防効果はデータ上はサーバリックスの方がガーダシルに勝っています。更にサーバリックスは16/18型以外の型にも少なからず効果が認められています。(クロスオーバーエフェクト)
一方ガーダシルは尖圭(せんけい)コンジローマ(性器イボ)の発症予防効果があります。
それぞれに特徴がありますので、どちらかを選んでください。
なお9価ワクチンはまだ定期接種の対象にはなっていません。

なおワクチンの途中での変更や、一方のあとに他方の追加接種は認められていません。どちらか一方のみ接種を受けてください。
ともに3回の接種が必要で、3回接種するのに半年かかりますのでご注意ください。

接種後の異常行動に関しては無関係だとする研究発表が続々となされています。
毎年子宮頸がんは1万数千人が発症し3,000人近くの方が亡くなっています。
マスコミの情報に踊らされず、ワクチンを打つリスク・打たないリスクを十分にご検討してください。

助成対象外の接種に関しても随時受付中です。ご希望の方は窓口にてご相談ください。